ホーム  ニュース 私たちの教会は  礼拝案内  集会案内  アクセス 


 
  基本信条と信仰告白
  2020年度の歩み
  み言葉への招き
  豊橋旭こども園
  リンク 東海連合長老会 
       
   お知らせ
※作今の状況を踏まえ、礼拝にて手指の消毒とマスク着用をお願いすると共に、ロビーのお茶の用意を当面の間休止いたします

新型コロナウィルス関連
7月より、感染症予防対策の上、以下のとおりに集会を開催いたします。
〇主日礼拝ではマスク着用で讃美歌を歌います。
〇聖餐式の執行は控えますが、聖餐を覚えて聖書朗読とメッセージを聞き、讃美歌を歌います。
〇祈り会 
7月15~8月末まで休会、家庭祈祷となります。
〇教会学校
日曜午前9時~
〇バイブルカフェ
(8月は休会、次回は9月17日(木)10時半~
 
教会での礼拝に出席できない場合には、家庭で礼拝予告にある聖書箇所を読み、祈りを合わせましょう。

  豊橋中部教会のホームぺージへようこそ!!

豊橋中部教会は1896年に創立した日本基督教団に属する教会です。また、宗教改革以来のプロテスタント教会で、改革・長老教会の伝統を重んじる全国連合長老会に所属し、その中の地域である東海連合長老会に属する教会です。

聖書の御言葉に聞く礼拝を第一としています。神さまの御言葉である聖書に耳を傾けることが人生において最も大切であると考えるからです。共に聖書の御言葉に耳を傾け、真の安息の中を歩むことができればと願っています。

日曜日の礼拝でお会いできるのを心待ちにしております。
礼拝出席がかなわない方などは、牧師にご相談ください。

次週礼拝

日 時 : 7月19日(日) 主日礼拝

説教題: 「誓いによってたてられる」

聖書箇所: 詩編132編10節-12節
      ヘブライ人への手紙7章20節ー25節
  

2020年7月12日説教要旨
ローマの信徒への手紙8章26節~30節

「わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、”霊„自らが、言葉に表せないうめきをもってとりなしてくださるからです。」

  (ローマの信徒への手紙8章26節より)

・うめきとは声にならない声、声に出せない思いです。特に嘆きを伴うような苦難の中での、声にならない叫びというようなイメージかもしれません
・「被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。」と22節には記されています。
・すべての命がうめきとその先にある喜びを経験しているということを明らかにするのです。命の誕生は苦しみや痛みを伴います。けれどもその先にある誕生は大きな喜びをもたらすものです。
・また「被造物だけでなく、”霊„の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。」
・キリストを信じる信仰者にとってうめきをもって過ごすとき、神の子とされる希望をもって待ち望む姿があるのです。希望をもって忍耐し、待ち望む姿です。
・確かな希望となるものが先にあるならば、現状にある苦しみを歯を食いしばって乗り越えることができます。そのような時に発せられる音が声にならないうめきだと言えるでしょう。
・このようなうめきと同じように、霊は忍耐と希望に導くうめきをもって執り成してくださるのです。それは神さまと私たちの関係を取り持ってくださるということです。
・そもそも祈る言葉すら知らないわたしたちです。時としてわたしたちは祈りを自分の思いや願望を叶える手段として考えてしまう節があります。
・けれども祈りは神さまとの対話の時です。私たちは神さまと向き合うときにふさわしい言葉や思いを持ちえないのです。だからこそ、どう祈るべきかを知らないと言われるのです。
・神の霊は神さま御自身です。神さまの思い、ご計画と変わらないものです。したがって霊による執り成しは、神さま御自身による助けです。私たちが神さまと向き合うことができるように神さま御自身が助けを与えて下さるのです。
・そうして祈りの言葉を整え与えてくださいます。祈りのみならず、私たちが聖書の言葉を読んだり、日々の生活をしていく時に神さまに思いを向けようとする時、あらゆることは神さまに端を発するのです。そうでなければ、すぐに道をそれたり、邪さに満たされ本筋を見失ってしまったりするのです。
・キリストは神と霊と同じ方です。その救いにあずかるものは、すでに神の救いを知らされ、これから完成するであろう救いの御業にあずかるのです。ここに救いの本筋があります。
・霊のうめきは私たちの中に神の救いを明らかに示し、招き、助ける神さま御自身のお働きなのです。神の示される道から逸れることなく、救いの道を確信と希望をもって歩むために備えられたかけがえのない唯一つのお働きなのです。


私どもは宗教改革以来の改革派の信仰に立つ正統的なプロテスタント教会の一つです。
世界平和統一家庭連合(統一教会)、モルモン教、ものみの塔等とは、一切関係がありません。

今週の聖句 
あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。
エフェソの信徒への手紙
          2章8節より

教会全景

   礼拝堂
玄関
玄関ホール
納骨堂
 © 2020 Toyohashi Chubu Church   〒440-0864 豊橋市向山町字七面89-1 日本基督教団 豊橋中部教会
TEL :0532-52-6894
MAIL:kyoukai@toyochubu-ch.org 
牧師 阿部 啓(あきら)